世界相場が変わった、2つお勧め投資 by 高橋ダン

投資

米国雇用統計が発表されて相場が変わったと解説しています。どのように変化しそうなのか紹介します。

動画の内容

世界相場が変わった、2つお勧め投資
■ 僕が使ってる口座 → IG証券(商品、株、債券) → DMMFX(FX) → Coincheck(仮想通貨)
雇用統計のポイント

8月7日に発表された「米国雇用統計」のデータをみると、世界の相場が変わったと判断しています。

株、FX、債権、コモディティの相場をみて、どのように変わったかもしれないのか解説します。

米国雇用統計で、非農業部門雇用者数が、943,000人と、事前予測の870,000人を

上回った。また、失業率も5.4% 予想の5.7%を下回った。

コロナ前に戻っていないが、かなり強いデータだと判断しています。

 

世界の相場の分析
株式市場

株式市場は変化が少ない。

ドル相場

0.57%も上昇している。短期的に上がると予測。

コモディティ相場

ドル相場の上昇の影響から下がっている。金は2.53%も下がっている。銀も3.82%

急落している。プラチナも3.33%下落。

債権相場

長期金利が5.95%上がった。米国10年国債の価格は下落。

 

高橋ダンの分析

テーパリングの可能性がかなり上がった。

長期投資は、長期国債がお勧め。

短期投資は、ユーロドル、豪ドルを売るのがお勧め。

 

まとめ

安全投資をするなら、長期国債を買う、短期投資では長期国債を売るというお勧めがまとめですが

ふかっちは、長期国債を買い増しします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました