高配当株に見直し買い、日本株トップ5を分析!by 高橋ダン

投資

高配当株、コニカミノルタ、みずほFG、ENEOS、三菱商事、OKIを分析しているので紹介します。

動画の内容

高配当株に見直し買い、日本株トップ5を分析!
■ アフターコロナ最強の投資、ゴールドと貴金属 ■ 人生が劇的に変わる旅の極意  ■ ウォール街で学んだ勝利の投資術 

東証配当フォーカス100指数が日経平均を上回る

コロナ禍で減配のリスクが高いのではないかと敬遠されていた高配当株が見直されている。それでも

現在の高配当株は出遅れ銘柄が多い。

トップ10

高橋ダンの分析

トップ5銘柄は配当利回りが5%以上もしくはほぼ5%で非常に高い。そこで、長期投資の対象に

なるか検証しています。

1.コニカミノルタ

上がり基調だが既に20%も上昇している。(興味なさそう(笑))

2.みずほFG

下がり基調。

3.ENEOS

1月に買い圧力があり、コロナ前と比較してかなり戻している。でも良いチャートで

今後も上昇が期待できる。

4.三菱商事

コロナから3分の2は回復している。でも決算予想が出たのか大きく下げ。MADも下げ。

5.沖電気

だいぶ戻しているが、まだ倍の価格になっても可怪しくない。

まとめ

この5銘柄は全ていいねとの解説ですが、お勧めしているのはファンダメンタルも分析している

みずほFG、三菱商事、沖電気。ふかっちは、全て買い増しします(笑)

でも、投資は自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました